ヒモ男に貢ぐのと男の子にお金を払ってデートするママ活って一緒のモノじゃないの

ヒモ男に貢ぐのと男の子にお金を払ってデートするママ活って一緒のモノじゃないの

結論から言えば、ヒモに比べてママ活はより大きな概念であり、ヒモに貢ぐ=ママ活ではないということははっきり断言できます。

ヒモ

まず、ヒモ男の定義について確認しておきましょう。

ヒモ男とは、自立せずに女性の稼ぎで養ってもらっている男性を指します。

仕事はしていないか、していても低収入や不定収入で女性の援助がなければ食べていけない状態です。

女性の恋愛感情を利用してお金をせびって日々を過ごしています。

基本的に、病気療養中や失業中といった理由で一時的に女性に稼ぎを頼るような場合は、ヒモとは呼びません。

現時点で自立しておらず、さらに将来的に自立する意思も展望も計画もない場合がヒモに該当します。

ママ活

ママ活とは、主に年下の男性に対し、女性側がデートなど一緒に過ごす時間の見返りとして金銭を渡す行為のことを言います。

男性側は女性に依存しているとは限らず、社会人や学生ですき間時間にママ活をしている方も大勢いらっしゃいます。

ここにヒモ男に貢ぐこととママ活との大きな違いがあります。

ママ活の中には、男性が女性側の資金援助に依存しているヒモと呼べるケースがあることも事実です。

一方で、男性の生活のためではなく、男性の持つ夢や可能性に援助するというパターンが多いこともママ活の特徴です。

女性視点で見れば、援助というよりも、育成や投資という感覚でママ活を楽しんでいる方が多いようです。

ママ活の関係性は色々な形があるので、ヒモという言葉で括ることはできません。

ヒモ目的ではなく、純粋に年上の女性との交際を楽しみ人生の糧にしたいと考える男性も多いので、ヒモに対してマイナスイメージがある方も偏見を持たずにママ活を見て欲しいと思います、

ママ活
ママ活のデメリット・開始年齢を把握しておく
タイトルとURLをコピーしました