着痩せして見えるコーデのコツを教えてください

着痩せして見えるコーデのコツを教えてください

同じ服装をしているのに着痩せして見える人と見えない人がいます。

なぜ同じ服なのに着痩せの結果が違うのか。それは見せるべきポイントがずれているからです。

着痩せとは簡単に言えば太いところを細く見せ細いところは積極的にアピールするようなコーデです。

脚が太くて二の腕が細ければ脚を目立たなくし腕を出すような服装が着痩せに効果的ですが、同じ服装を足が細くで腕が太い人が着ると着痩せどころか逆に太って見えてしまいます。

このように着痩せして見えるコーデを実践するには自分の体のどこが太くてどこが細いのかを知ることが重要です。

見られたい自分と現実の体型のギャップを正しく認識することができれば着痩せコーデは8割型成功したも同然です。

ポイントは細く見られやすい首、手首、足首を効果的に見せることです。

首、手首、足首はほかの部分に比べてシルエットが引き締まっているため福で隠してしまうとそれだけで太く見えてしまいます。

隠したい部分を隠しつつ首、手首、足首の引き締まった部分を全面に押し出すと自然な印象のまま着痩せ効果が表れます。

上半身が太めの人はボトムスにタイトで引き締まったものを着用しトップスは柔らかめのシルエットで首まわりがスッキリとあいたアイテムを選びましょう。

上半身全体を隠すのではなくあえて首周りをアピールすることで太さよりも細さに目が行き着痩せ効果が発揮されます。

柔らかめの素材なら質感の印象で上半身の太さがナチュラルに隠れます。

下半身の太さを隠したい場合はフレアスカートがオススメです。ふわりと広がることでボリュームが生まれますが下半身の太さとは結びつかないのでごく自然に下半身のシルエットがスッキリまとまります。

下半身着痩せポイントは横の広がりよりも縦のラインを意識することです。

太さを隠そうとすると横にボリュームのあるアイテムを選びがちですがボリューム感が出すぎると逆に太く見えてしまいます。

フレアスカートやガウチョパンツなどふわりと広がりつつも縦に流れのあるアイテムを着用し細見えアピールで足首を見せれば実際異常に細く見られます。

上半身は薄手の素材で肩から手首にかけての細さをアピールするアイテムがピッタリです。

体型を隠すだけが着痩せではありません。

太い部分をさり気なく隠し細い部分は積極的にアピールするのが着痩せコーデのコツです。

レファレンス:大きいサイズの服が借りれる洋服レンタルサービス3選

タイトルとURLをコピーしました